Q&A(よくある質問)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 下地処理 』 内のFAQ

4件中 1 - 4 件を表示

1 / 1ページ
  • 接着前にどのような下地処理をしたらよいか。

    接着性を向上させるには、材料の下地処理が重要です。主な材料の処理法を説明します。 【木材】 濡れていたり含水量が多い木材では、接着剤の硬化が遅く、木材の収縮・膨張で剥がれる原因になったり、接着強さが低下します。十分乾燥させ、表面はサンディングしほこりをよく払ってください。 塗装面は、塗膜を落とし地肌を出... 詳細表示

    • No:672
    • 公開日時:2015/10/29 18:05
  • 濡れた下地に施工できるシーリング材はあるか。

    シーリング材は全て下地が濡れていると密着性が悪くなります。必ず乾いた状態で施工してください。 詳細表示

    • No:539
    • 公開日時:2015/10/29 18:05
  • スーパーXでシリコーン樹脂を接着する際の注意点

    サンドペーパーでシリコーン樹脂の表面を研磨することにより、接着性が改善することがあります。 また、クリアよりもホワイト(ブラック)の方が、シリコーン樹脂には接着性がよい傾向にあります。 参考ページ スーパーX(家庭用) 詳細表示

    • No:492
    • 公開日時:2013/04/22 18:05
  • 【用語】プライマー

    塗布することによって表面の性質を変え、接着しやすい表面を形成するための接着性向上剤です。 参考ページ PPXセット(家庭用) シーリング材専用プライマー適用表 詳細表示

    • No:560
    • 公開日時:2015/10/29 18:05

4件中 1 - 4 件を表示

セメダイン接着技術相談センターへのお問い合わせ

上記Q&Aで解決できない製品に関するお問い合わせは、接着技術相談センターまでお寄せください。

0120-58-4929
セメダイン接着技術相談センター
※営業時間
10:00~12:00、13:00~17:00(土・日・祝日を除く)
※お客様とのお電話は、応対品質向上のため、録音させていただきます。

他社商品のお問い合わせは下記からお探しください。