Q&A(よくある質問)一般用

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 シーリング材全般 』 内のFAQ

27件中 21 - 27 件を表示

3 / 3ページ
  • 古いバスコークNの上に新しいバスコークNを施工したい。

    古いシーリング材は汚れや表面の劣化があるので、きれいに除去し、新しいシーリング材で充填し直す事をお薦めします。 既存のシーリング材の上に施工する場合には、既存品表面の汚れを取り、サンドペーパー掛けをしてからにしてください。 詳細表示

    • No:546
    • 公開日時:2015/10/29 18:05
  • シーリング材を希釈したい。

    シーリング材はそのままの状態で使用するように作っているため、希釈することはできません。 詳細表示

    • No:542
    • 公開日時:2015/10/29 18:05
  • シーリング材を除去したい。

    シーリング材を簡単に除去する溶剤はなく、カッターで切り取る方法が一般的です。 他社品(3M社)になりますが、プロ用の工具にはシーリングカッターという物もあります。 詳細表示

    • No:533
    • 公開日時:2015/10/29 18:05
  • シリコーンシーラントの上に塗装はできるか。

    塗装はできません。塗装する場合は変成シリコーン系のシーリング材をお薦めします。 参考ページ 1成分形シーリング材シリーズ 詳細表示

    • No:518
    • 公開日時:2015/10/29 18:05
  • 細いひび割れにシーリング材を充填したい。

    シーリング材はペースト状なので、たとえば1mm程度の細いひび割れには充填できません。その場合は、ひび割れの上に3mm以上の厚みを持たせて塗ってください。 薄く塗ると接着性や耐候性が得られなかったり、硬化不良で汚れが発生する原因になります。 詳細表示

    • No:547
    • 公開日時:2015/10/29 18:05
  • 濡れた下地に施工できるシーリング材はあるか。

    シーリング材は全て下地が濡れていると密着性が悪くなります。必ず乾いた状態で施工してください。 詳細表示

    • No:539
    • 公開日時:2015/10/29 18:05
  • 硬く硬化するシーリング材はあるか。

    ーリング材は目地やすき間に充填してゴム状に硬化し、板材の動きに追随することで防水性を発揮します。 追従性が失われてしまいますので、固く硬化するシーリング材というものはありません。 詳細表示

    • No:524
    • 公開日時:2015/10/29 18:05

27件中 21 - 27 件を表示