Q&A 工業用

No : 94

接着剤塗布時の留意点

回答

接着剤の塗付は凹凸を埋めて薄く均一に塗り広げるのが原則ですが、接着剤や材料によって異なります。下記参照してください。

点状(団子状)・線状(ビード状)塗付:
凸凹があるコンクリート下地のような場合は厚手に塗ることで押し潰したときに凹凸を埋めて接着することが可能です。また、粘性が高い接着剤は粘性で初期固定することが可能です。

2度塗り:
布、木、皮など吸い込みが激しい場合は接着剤が表面に留まりにくいので、乾いた上にもう一度塗布することで表面に接着剤を定着できます。ゴム系接着剤などがこの方法で接着されます。

両面塗付:
接着する材料の両面に塗布する方法。溶剤を含む接着剤ではこの方法で塗付し溶剤がある程度揮散した後貼り合わせます。溶剤が揮散しにくい材料の接着で有効です。ゴム系の場合には自着性能がありますが樹脂系はありませんので、樹脂系の場合は多少溶剤が残った状態で貼り合わせることをおすすめします。

ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

件名、コメントをご入力いただき、『送信』ボタンをクリックしてください。

ご意見を送られない場合は、『閉じる』ボタンをクリックしてください。

件名:

お問い合わせ内容:

添付ファイル:
※最大サイズ10MB

閉じる

上記Q&Aで解決できない製品に関するお問い合わせは、接着技術相談センターまでお寄せください。

お問い合わせ

セメダイン接着技術相談センター

10:00~12:00、13:00~17:00(土・日・祝日・夏期休暇・年末年始を除く)

お電話でのお問い合わせ

0120-58-4929

  • ※お客様とのお電話は、応対品質向上のため、録音させていただきます。

Webからのお問い合わせ

お客さまからのご質問を
お問い合わせフォームにて受け付けております。

お問い合わせフォームへ

他社商品のお問い合わせは
下記からお探しください。

何かわからないことはありますか?ChatBOTがお答えします